北海道産直!幻の玉葱【札幌黄】入荷しました

幻の玉葱 札幌黄

北海道より産直商品です。都内ではほぼ手に入りません。

加熱調理すると辛みが消えてとても甘くなります。

キロ380円

クセになること間違いなしです。

幻のたまねぎ「札幌黄」

日本のたまねぎ栽培は、明治時代に、旧札幌村(現在の札幌市東区南西部)で始まったとされています。札幌農学校で教鞭をとったウィリアム・ブルックス博士が米国から「イエロー・グローブ・ダンバース」を持ち込みました。これに品種改良が重ねられ、「札幌黄」が誕生しました。

「札幌黄」は明治後半から昭和初期にかけて北海道各地で導入され、戦前にはロシアやフィリピンなどへ輸出されるほどの生産量を誇りました。しかし、昭和50年頃、病気に強く品質が安定している交配種(F1)が導入され、状況は一変しました。「札幌黄」の生産量は激減していくことになりました。

現在の札幌市における「札幌黄」の栽培面積は、タマネギ全体(約280ha)のわずか5%となっています(2020年調べ)

このような栄枯盛衰の歴史と在来品種としての魅力が相まって、今「札幌黄」は「幻のたまねぎ」と呼ばれています。

まずはお気軽にお問い合わせください。